VSEOに将来はあるのか?

VSEOに将来はあるのか?

自分は25歳ですが、若者ほど将来に対する不安は大きいと思います。

まだこの先長いわけですし、自分の仕事が数十年先まで続くのか見通しがつかない、本当にこのキャリアでいいのかどうか…

一方で定年間近のおじさんや、勤続年数の長い人は、着実に人生の駒を進めてきたでしょう。

今までその日暮らし上等の精神で生きてきた自分にとって、人生の安定は1つのゴールであり、それゆえVSEOの将来について、最初は不安もありました。

しかし結果が出てきたからなのか、今では不安1つありません(笑)

ここでは、VSEOについてありがちな不安や、見出した持論について、少し語らせてください。

VSEO公式HPへ

動画プラットフォームは絶対なくならない!

俺の場合、動画の広告収入で稼いでいるよって話したら、よくこんなことを言われます。

それ、YouTubeがなくなったらどうすんのw

これ、本当に頭の悪い質問だなwって思っちゃいますね。

動画プラットフォームがなくなるって、どんな未来だよ…って話ですよ。

確かに、YouTube自体がなくなる可能性は少なからずあるでしょう。

しかし、形を変えて別の動画メディアが生まれるだけだと思いません?

最近はテレビ出演を減らしてまで、YouTubeに注力する芸能人もいますよね。

また、元々ニコニコ動画で投稿者が、YouTubeに軸足を移すのもよくある話です。

こんな感じで、YouTubeで稼げなくなったとしたら、他の動画プラットフォームに移るだけなんですよw

加えてVSEOオンラインアカデミーで学ぶスキルは、小手先だけのテクニックというわけではなく本質的なもの。

他の動画プラットフォームに軸足を変えたとしても、同じくノウハウは活かせるってわけですよ!

安定した仕事はない

最近は、子供の人気職業にYouTuberがランクインしていますが、それを安定性の観点から苦言を呈するコメンテーターもいますよね。

これも本当に不毛な議論だなと思って聞き流していますが、そもそも前提として、これからの働き方に安定性を求めてはいけません。

たとえ大企業の社員だとしても早期リストラなんてのはザラにありますし、ベーシックインカムや社会保障の見直しなど、かつての明治維新のような、歴史的な大変革が起きると思っています。

だとすれば、結論考えても無駄なだけ。今から安定を求めるのは愚策中の愚策。

多少リスクを取ってでも、将来性のあるスキルに全ツッパした方がよっぽど賢明だと思いますけどね(笑)

安定はないがセオリーはある

さて、安定は求めるべきでないと語ってきましたが、その一方でセオリーはあると思っています。

人生のセオリーはかつて、いい学校もしくは会社に入って、時期が来たら結婚して子供を育てる、みたいな典型パターンがありましたよね。

これも今にして思えば、国を効率よく統治するための、ある種の刷り込み教育だったんだろうなと思っています。

では、これからにおける人生のセオリーとは、何になると思いますか?

現時点で稼いでいる人には広まりつつありますが、これからの時代のセオリーは「仕組み」になってくると思うんですよね。

個人のスキルだけでなく、それにインターネットを絡めた仕組みを構築することによって、より影響力・効力を高めるというのが主流になるはずです。

例えば、俺が今から1000円を稼ごうと思ったら、従来の常識であれば時給1000円のコンビニで1時間の労働をしなければなりませんでした。

ただ、これを仕組みで解決するとどうなるでしょうか?

VSEOを学んだ今の俺では、1時間に10円稼ぐ動画を100個作ることを目指すでしょうね。

そうすれば同じ労働にしても、1回きりの収入なのか、永続的な収入なのか、大きな違いとなることは明らかです。

こんな具合に、稼ぐ「仕組み」作りに特化して働く、というのがこれからの時代のセオリーになるでしょうね。

もう、既になっているかもしれませんがw

VSEOの本質=稼げる仕組み作り

VSEOの本質は、参加者それぞれで捉え方が異なると思います。

ニッチな市場を開拓できることや、視聴者のニーズに応えられること。

自由な環境で働けるようになること。

スキルがなくても、誰でも実践できること。

などなど、語る部分も多いですからね。

そして俺にとっては、VSEOの本質=稼げる仕組み作り、だと思っています。

今までもブログやSNS、大きなもので言えば起業など、個人でも仕組みを作れる環境はありましたが、リスクが大きかったり、流行り廃りも激しいです。

特にブログなどのテキストコンテンツは、間違いなく自分よりも上位互換が存在しますし、似たような内容でも、誰が書いたのか権威性による影響も大きいと思いませんか?

しかし、動画コンテンツはそれらの普遍的な懸念点をを消し去ります!

考えてみてください。全く同じ動画コンテンツなんて、存在し得るのでしょうか?

例えば「車」というジャンルで攻める場合、車の歴史、車の構造、人気車種、おすすめ車種など、工夫や見せ方次第でいくらでも動画が作れてしまいます。

加えて、一度ヒットした動画ができれば、あとは半永久的に稼いでくれる収益装置、つまり稼げる仕組みとなるんです!

これこそがVSEOを学ぶ真骨頂であり、またこれからの働き方のスタンダードになるでしょう!

VSEO公式HPへ TOPページを見る